できることをひとつずつ

日々のことをほんの少しずつ公開します。 単なる日記。(笑)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

soy ink

soy ink(大豆インク)って聞いたことがありますか?

従来、印刷用のインクは石油由来の油で色の素
(顔料とか染料とか?)を溶かしてインクを作っていました。
その油を大豆から採れる油に置き換えたインクです。
(画は全然関係ないですが、FM局でいただいたもの♪)
20090327D1000021.jpg
soy ink が何なんだろう? と思いながら読んでいただいて
いますか?(笑)
ご想像通り、環境にやさしいのです!
・(VOC)の発生が少ない。
 大気汚染の防止に役立つ
・生分解されやすい。
・紙のリサイクルに適している。
 紙の白色度って聞いたことがありますか?
 白色度は光の反射率で示します。100%は真っ白で、
 数字が大きいほど白くなります。
 一般に使われているバージンパルプ(切り出した木材から
 作られた紙)のコピー用紙は、白色度80%前後だそうです。
 でも、70%でも65%でも白さは気にならない程度なんですけどね。
 その白色度が soy ink を使うことで上がるのだそうです。
 そして、soy ink は紙からインクをはがす(?)のが楽で
 紙のリサイクルに適しているのだって。
・大豆油の透明度が高いため、色料を最大限に生かした鮮やかな
 発色が可能
 きれいな印刷物(コントラストが効く)ということでしょうか
・延びがよく、少ない量のインクで印刷できる
20090327D1000001.jpg
良い点ばかりではなく、欠点もあります。
・乾燥に時間がかかる

乾燥に時間がかかるので、私たちが個人で所有している
プリンタには soy ink が使えません。
開発者の方々が色々研究されていて試みられているようですが
まだまだ実用段階には至っていないようです。
早く個人のプリンタにも soy ink が使えるようになるといいなぁ。


気が向いたら「ポチッ」と押してくださいませ。
にほんブログ村 環境ブログへ
いつも、ご訪問いただきありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://aruito.blog66.fc2.com/tb.php/488-e2093306

Menu

カウンター ▼

カレンダー ▼

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。