できることをひとつずつ

日々のことをほんの少しずつ公開します。 単なる日記。(笑)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違ってOK♪

20081103D1000013.jpg

最近特に強く思うこと。
それは、全てが程度の問題だなぁってこと。

こんなに環境問題が大きくなっちゃったのは、人が増えたから。
医療技術が向上したから。
いろんな余裕ができたから。
そして、みんなおんなじように「幸せ」になるためには
「消費」や「エネルギーをたくさん使う」や「お金」なんかが
必要だって思ったから。

でも、本当は、それぞれの人によって、それぞれの民族によって
「幸せ」って全然違うんだと思うんです。
もちろん、人を踏みにじってよいと言うわけではありません。
すでにお金持ちになっている国が、お金持ちになりたい国の
資源を奪ってよいというわけでもありません。

でも、選択できて良いと思うんです。
私は日本が先進国と呼ばれる地位じゃなくなっても全然構わない。
それよりも、自然エネルギー自給率50%(これが現在考えられて
いる日本の自然エネルギー自給率の上限)だったり、
人々がゆったり余裕を持って考えられていて
自然の恵みに感謝できているのが普通だったり、
少しのもの(資源とか)をたくさんの人と共有して楽しむには
どうするかってことが一番の興味の対象だったりする国に
なっている方が、断然嬉しい。

批判されちゃうかも知れないけれど、自然淘汰としては
人類が多すぎれば少なくしなくちゃならないのは当然のことで
それが普通。

今、どうやって食料を確保するのかって懸命に考えている
けれど、それでよいのかなぁ? 違う気がするな。
(だからって殺してよいとか戦争するという話じゃないよ)
日本の出生率が上がらないのは、社会環境、労働環境、
お金の問題などなどっていうことだって言われているけど
仮にこれらの問題が全部解決しても、みんながみんな
5人生むってことは考えられないよね?
じゃぁ、子沢山の国はどうしてあんなに子どもが増えるのか。
教育不足だったり、医療や衛生が発達していないから死亡率
が高いからだったりするんじゃないだろうか。
もうひとつ。世界が分からないから。その国、自分の居るところ、
自分の家族に視野が限られているから、大きな視点で考える
ことができないのでは?
とすると、食料をなんとか足りるようにするってことよりも
先に対応することがあるよね?
食料を足りるようにする努力は、人口とのいたちごっこになる。

おっと、食料自給率を上げるという問題とは別の話ですよ。
食料自給率は、また書きますけど、複雑にからんだ問題で
本当はもっと上げられるのに上げていないから問題なんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://aruito.blog66.fc2.com/tb.php/337-a0a9fe5e

Menu

カウンター ▼

カレンダー ▼

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。