できることをひとつずつ

日々のことをほんの少しずつ公開します。 単なる日記。(笑)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の大学公開講座

20080915D1000054.jpg
今週大学で行われた夜間公開講座の内容は
バイオディーゼル燃料についてでした。

バイオディーゼルについては9/13の記事で書いたように
http://aruito.blog66.fc2.com/blog-entry-286.html
少しかじっていたけれど、何か面白いことがあるかな?
と思って行ってきました。

あまり新しい情報はなかったですが、復習をさせてもらった
という感じかな?(笑)

日本が現在使っているエネルギー(化石エネルギー)の約50%は
理論上、自然エネルギー(ソフトエネルギー)で賄うことができる。

バイオディーゼル燃料を作るための油(食用植物油)は99%以上
海外産なんだって。
以前に海外のものを輸入することが海外のお水を輸入することに
なると書いたことがあるのだけど(モノを作る過程でどうしても
水を使うことになるし、水が貴重な国の場合、モノを輸入すること
によってその国の貴重なお水を減らしていることになるかも?)
食用植物油に関しては、輸入に頼らざるをえない現状みたい。
だからこそ、輸入した植物油を最大限使用するために
バイオディーゼル燃料として再生させたい。

輸入した食用植物油を無駄にしないためには、家庭にある
廃油(天ぷらとか揚げ物をした後の油)をどうやって回収するか
どういうルートに乗せるのかという課題があるとのこと。

また、減反政策などで使っていない畑に菜種油などを植えるという
こともできないことはないけれど、1アールで500k(グラム?リットル?
単位がよくわかりませんでした。また、違っていたらすみません)
しか取れないし、難しいとのこと。

ただ、日本産植物油として付加価値をつけて、高齢者の方で
働きたいと思っている方などに手伝っていただいて…なんてことは
できるかも?
そのためには色々な連携が必要だそうです。
行政、ガソリンスタンド、石油メーカー、自動車会社、その他の企業、
住民、などなど。

うーん。
理論はよくわかる。けど、私ができることは何なのだろうか?
バイオディーゼル燃料が販売されたらもちろん、使いたい。
それは出来るかもしれない。
ディーゼル車に乗っている友人に勧めるとかもできるかも?
他に何ができるかなぁ??・・
アイデアのある方、教えてくださいませ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバックURL
http://aruito.blog66.fc2.com/tb.php/298-dec26bb8

Menu

カウンター ▼

カレンダー ▼

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。